シングルへ近づくゴルフスイングの軌道イメージの作り方

シングルのための打ち方

スイングに大きく関係して来ますが、ただ素振りをしたりいくらクラブにボールを当てるイメージを膨らませたとしてもバッティングの正しい構えができていなければボールを遠くに飛ばす事はできません。

特にゴルフは他のスポーツに比べてボールが小さく固いのでしっかりとスイングの方法を習得しておく必要があります。

先ずは両足のスタンスは肩幅のりもやや広めに取る様にして両足に均等に体重をかけます。

そしてその際には両膝を曲げでやや低めに重心を置く様にしましょう。

上にある手についてあまりは力を入れないでソフトに握る様に致しましょう。

尚、構えた時には背筋を伸ばして力まずにリラックスした自然体でいると色々な変化球に対しても対応し易くなります。

ゴルフスイングを上達させる為にはレベルスイングが大事です。

レベルスイングと言う単語は切っても切れないワードになります。

レベルスイングとは野球なんかで使われる言葉えす。

それは確実にボールをミートさせる為のスイングの基本となるのがレベルスイングになりまして、具体的にはベルト付近の高さにあるボールを打つ為のスイング方法になります。

方法はピッチャーが投球モーションに入ったタイミングで少し後ろ足に重心を移動させ、投球に合わせて重心を後ろから前足に移動させて打撃を行なっていきます。

またスイングを行う場合には前足を踏み込みますが同時に腰を使って回転させながらスイングを行います。またバットにボールが当たる瞬間をよく見ながら腕の力をのみならず体全体の力と、特に背中に力を入れて打つ様にするとバットのコントロールが正確になり、強く打球をうち返す事ができるのです。

ゴルフでもこのようにその場その場を想定したスイング練習が効果的です。

コメント